来てくれた人たち



現在の閲覧者数:

コメント

openclose

月別アーカイブ

つぶやいてます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック

カテゴリ

shopping

Amazon

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ考えて・・・

Category : ペット
その後のふぅ。
もうすっかりいつものふぅです。
ただ、傷が気になるようで
パンツの上から舐めてますが・・・

今回は文章ばかり長いですが・・・


↓の記事のコメントで
メルポポさんが「どうして 手術を 決断したんですか?」
と聞かれているので、今日はそのことについてちょっと・・・

ふぅ以外のわんずはもう手術しています。

おねーさんは2歳くらいのとき、
乳癌になり、摘出手術をしました。
その時、避妊手術を薦められたのですが
お腹を切らなくちゃならないので、
なかなか決断できませんでした。
で、7歳の頃、
夜に大出血。
ヒートの時期じゃなかったし、
かなりの量だったので、
朝、慌てて病院へ・・・
そうしたら、子宮蓄膿症と言われました。
「もう少し遅かったら、この出血が膿になるところだった」
と言われ、即手術でした。
1日の入院で帰れましたが、
早くに手術していればと、後悔しました。
おねーさん、痛い思いさせてごめんね。

で、ももですが、た○た○が1つ降りてなくて
体のなかに残っていて、それがお腹のところにありました。
獣医さんに相談すると、「残っているのが癌になることがある」
と言われ、手術しました。
1歳過ぎてましたが、手術したからか、マーキングをほとんど
しません。

で、ふぅですが、ずーっと迷っていました。
獣医さんも「したほうがいいかな」という程度なんで
ほんと、決断できませんでした。
ダンナも息子も同じ男として、なんかツライって言うし・・・
でも、マーキングもひどいし、
何より、おねーさんのお尻ばっかり気にして・・・
で、今年の夏にた○た○にブツブツができて
痒がるので、獣医さんに見せたときに
「やっぱり取ったほうがいろいろ病気も予防できていいよ」と言われました。
この先生、割とはっきり言われる方で、しなくてもいいことははっきり
「必要ない」と言われます。
現に今回もデベソも一緒に取ってもらおうとしましたが、
「デベソはお腹切るし、変化なかったらそのままでいい」と言われたし・・・
で、その先生が「取ったほうがいい」と言われたので決断しました。

マーキングとかは少し減ったような気がします。
ま、おねーさんのあとは追っかけますが・・・

あと、ももに比べてふぅは体臭がきつかったのですが、
それがしなくなりました。

ただ、5歳を過ぎているので、マーキングもなくなるということは
無いと思います。
やっぱり早くすればよかったかなと思っています。

なんか取り留めなく書いてごめんなさい・・・

手術、迷ってる方の参考になればいいのですが・・・
今日もパンツ姿で・・・

DSCF1669.jpg


ふぅが来る前にももがおもちゃで遊んでいて
そのおもちゃのそばで・・・





もももベッドに入れてみました・・・
スポンサーサイト

ふうちゃん、お疲れさまでした。
無事でなによりですね。おパンツ姿が可愛い!

チャオもピースもオカマちゃんですよ。

ふうちゃん、手術無事にすんで、順調に回復しているようで良かったですね。
早くした方が良いとは分かっていても、色々考えてしまいますよね。
我が家も考えているうちに、カルチェが8歳の今年、子宮蓄膿症になり手術しました。
その時、早くしてあげていれば良かったな~と。
元気が一番。
ふうちゃん、お大事に。

やはり、かわいがってる我が子の体にメスを入れるのは、
いくら病気になる確率やその他もろもろの利点を考え、
理解してもやっぱり迷いますね・・。

我が家は手術しようか迷ってましたが、
生理不順で出血が頻繁にあったので決断しました。

わが子がいつまでも元気で長生きしてほしい・・
それが飼い主の願い、みんな同じですネ☆
ふうちゃん、お大事にしてください♪ 

いろいろと時間をかけて考えたようですね。
時間は少ない方かと思いますが、サム母も悩みましたので、オーちゃんさんの気持ちは少しは分かります。
迷いますよ・・・可愛い我が子の事ですからねv-286
お大事にして下さいねe-420

こんにちは~

避妊・去勢手術に関しては色んな意見があって
難しいですね
うちのダンケも去勢をしていますが
それを機に、アレルギーが酷くなりました
獣医さんによっては、「去勢をしたからだ」と手術を否定していました
飼い主としては悩み、色んな情報から決断するのですから
相当、大変だったと思います
応援ぽちっと!

ありがとうございます。思い出させて すみません。
我が家の メルとポポ 亡くなった ネコちゃんも
長生きしてほしいのと、子供が出来たらの点で
何れも 手術してます。
家族を守るためですものね

最終的に、やってよかったと思えればいいのではないでしょうか。
うちも、病気のことをさんざん考えて
手術しましたよ。
しかも、ふぅさんと同じ片たま。
同じ片たまでも、理由は別なんですが、
ま、その話はいつかまた^^;。

ふぅさん、落ち着いてきたみたいでよかったです。
わんこの回復力ってすごいなぁって
術後思いました。

うちは。

 最初獣医さんで、おとなしい犬だからしなくてもいいよ……と言われ、可哀想だしね~と、のほほんと過ごしていたら、肛門線種というのになって、「取っていればならない病気ですね」と言われ、がーんっっ!! でした。
 その時点では、とうてい手術するよーな年齢ではなかったので。
 でも、それ以外に大きな病気もなく、17歳まで元気に生きていてくれたので、よかったな~とは思います。
 これこれこういうことがあるから、取った方がいいよって言ってくれればな~、と今でも思います。
 いろいろ考えて、大変でしたね。

 でも、これでふぅちゃんも一つ不安要素が減ってよかったのかも! と私も思いましたっ。

手術はホントさまざまですよね
うちのコナンは臍ヘルニアだったのと、パパになる事がこの先ないだろう
ってことで手術して
ミミは女の子だし、いくらオカマでもコナンがいるわけで・・・
シャスタはやはり片方のタマちゃんがお腹の中に
あったので、ももちゃんと一緒ですね。
うちは皆済ませてよかったと思ってます。
ほんとに賛否両論ですからね・・・・。
ふぅちゃん、お大事に。

私も決断した理由は「病気予防」です。
チョコとレオ、そしてぽぽの赤ちゃんも見たかったけど人間の欲望よりわんこの健康です。
オーちゃんの選択は正解だったと思いますよ。

ふうたんもオカマちゃんになったのね^^
頑張ったね♪
可哀想って思うけど・・・
これでいくつかの病気ぉ予防できるし
オーちゃんさんの決断、後々よかったと思えますょ^^




難しい問題ですよね
人間だったらこんなことありえないことですもんね
ってうちもまめあずきどっちも手術してます。
きっかけはどっちも心臓が悪いという事でした
若いうちなら手術にも耐えられるからという先生の勧めで決めました。後悔はしていません
ずっとこの子たちを大切に守りたいから私の宝です。
・・・友達には まめこ(オカマ)と呼ばれてますがv-15勿論その友達も可愛がってくれてますよ

去勢・避妊は人それぞれの考え方でいいんでしょうね。
私はオーちゃんさんと一緒で ジュリアを子宮蓄膿症にしてしまった過去があるので
そのことを教訓にこれからは対処していくと思います。
同じ過ちで わんちゃんに辛い思いをさせるのは もうまっぴらですから!

ふぅ君 おパンツ姿も可愛いぞ♪
いつでもどんなときでも ずっと3わんずでいてほしいですね(^^)

ふぅちゃん。手術されたんですね~
頑張ったね!お疲れ様です。

うちも飼い始めの頃はた○た○が一つ降りてきてなかったので手術を考えていましたが、後から降りてきたので獣医さんに「手術するならもう少し考えてからにしなさい」と言われ思いとどまりました。その後、他の獣医さんに相談したら「キャバはおとなしい性格だからしなくて多頭飼いじゃなければいいのでは?」と言われ、、。
結局しませんでした。今は心臓が悪いし7歳なので考えてませんが、マーキングや女の子と遊ばせる時など考えると手術した方がよかったかな?とも思います。
飼い主さんの考えはそれぞれですもんね!

ふぅちゃんも病気のリスクも減って良かったですね♪
おパンツかわいいです!!!

本当によく……

 オーちゃん、おつらかったでしょうに、記事にして色々お教え頂き、ありがとうございました。
 犬と人間は違うと言われるかもしれませんが、「乳癌」の文字を見て、自分の経験を思い出し、涙が溢れそうになりました。
 お姉さん、偉いです。よく頑張ってます!
「もっと早くこうしてあげればよかった」と思われたようですが、お姉さんにとっての一番の幸せは、オーちゃん一家と出会えたことだと思います。ふうちゃんやももたくんも含めて。ですから、あんまりご自分を責めないで下さいね。
 うちも、それを言えば、ドイツまでマロンを連れて行けなかったことが悔やまれますが、鳥インフルエンザのこともあり、外務省から犬は連れて行かないようにとも言われていましたし、私が日本に残っていたら、それこそ乳癌でもうこの世にはいなかったでしょう。生きていれば、いいこともあれば、悪いこともある。わんちゃんだって一緒です。生きているんですから、病気になったり、怪我したりすることもあります。精一杯されているんですから、きっと分かってくれてますよ^^

 余談なのですが、うちの時代小説で「ふぅ」という名前を使わせて頂きました。女忍者ですがw

ハイパンダさん

> 無事でなによりですね。おパンツ姿が可愛い!

おパンス姿、気に入ってもらえましたか?

> チャオもピースもオカマちゃんですよ。

ふぅもお仲間になりました・・・

シェイクママさん

> 早くした方が良いとは分かっていても、色々考えてしまいますよね。

そうなんですよ・・・
ほんとは早いほうがいいとわかってたのですが・・・

> 我が家も考えているうちに、カルチェが8歳の今年、子宮蓄膿症になり手術しました。
> その時、早くしてあげていれば良かったな~と。

カルチェちゃんもおんなじ病気したんですね。
やっぱり、そう思いますよね。

> 元気が一番。
> ふうちゃん、お大事に。

ありがとうございます。
元気が一番ですよね。

Kumi さん

> やはり、かわいがってる我が子の体にメスを入れるのは、
> いくら病気になる確率やその他もろもろの利点を考え、
> 理解してもやっぱり迷いますね・・。

そうなんですよねぇ。
なんか人間の身勝手のように思えて・・・

> わが子がいつまでも元気で長生きしてほしい・・
> それが飼い主の願い、みんな同じですネ☆

これで病気のリスクが減ったと思うと・・・
ほんと、元気でいるのが大事ですよね。 

サム母さん

> 迷いますよ・・・可愛い我が子の事ですからねv-286

ほんと、迷いました。
でもこれでよかったんだと思います。

くいなさん

> それを機に、アレルギーが酷くなりました
> 獣医さんによっては、「去勢をしたからだ」と手術を否定していました
> 飼い主としては悩み、色んな情報から決断するのですから
> 相当、大変だったと思います

そんなこともあるんですね。
でも、他の病気とかを考えると・・・



メルポポさん

> ありがとうございます。思い出させて すみません。

いえ、参考になればと思って・・・

> 家族を守るためですものね

そうですよね。
今は手術してよかったと思っています。

あじゃぽんさん

> 最終的に、やってよかったと思えればいいのではないでしょうか。

今はやってよかったと思っています。

> しかも、ふぅさんと同じ片たま。

片たまはももの方で・・・

> わんこの回復力ってすごいなぁって
> 術後思いました。

ほんと、家に帰ってからは
いつも通りでしたよ。

樟葉さん

>  最初獣医さんで、おとなしい犬だからしなくてもいいよ……と言われ、可哀想だしね~と、のほほんと過ごしていたら、肛門線種というのになって、「取っていればならない病気ですね」と言われ、がーんっっ!! でした。

そんなこと言われても・・・
っていうかんじですよね。

>  でも、それ以外に大きな病気もなく、17歳まで元気に生きていてくれたので、よかったな~とは思います。

ほんと、長生きですよね。

>  これこれこういうことがあるから、取った方がいいよって言ってくれればな~、と今でも思います。

そうですよね、そうしたら踏ん切りがついたかもしれませんね。

>  でも、これでふぅちゃんも一つ不安要素が減ってよかったのかも! と私も思いましたっ。

そうですよね、私もそれを考えて決断しました。

コナミさん

> うちは皆済ませてよかったと思ってます。

3わんずそれぞれに理由があったのですね。

> ほんとに賛否両論ですからね・・・・。

獣医さんによってもいろいろ意見があるみたいだし、
飼い主がよく考えて決断しないといけないですね。

> 私も決断した理由は「病気予防」です。

やっぱりそうですよね。

> オーちゃんの選択は正解だったと思いますよ。

そう言ってもらえると
やってよかったと思います。

*mIyu* さん

> これでいくつかの病気ぉ予防できるし
> オーちゃんさんの決断、後々よかったと思えますょ^^

そう言ってもらって
私もうれしいです。

まめちゃんさん

> 人間だったらこんなことありえないことですもんね

そうですよね、人間って身勝手ですよね。

> ずっとこの子たちを大切に守りたいから私の宝です。

私もそう思います。


ジュリアママさん

> 私はオーちゃんさんと一緒で ジュリアを子宮蓄膿症にしてしまった過去があるので
> そのことを教訓にこれからは対処していくと思います。
> 同じ過ちで わんちゃんに辛い思いをさせるのは もうまっぴらですから!

私も女の子なら即手術してたと思うのですが・・・
男の子なんで、悩んで・・・

> ふぅ君 おパンツ姿も可愛いぞ♪

お気に召しましたか?

> いつでもどんなときでも ずっと3わんずでいてほしいですね(^^)

もうすぐおねーさんの誕生日です。
3わんずで記念写真が撮ることができそうで
うれしいです。

チェリーさん

> 結局しませんでした。今は心臓が悪いし7歳なので考えてませんが、マーキングや女の子と遊ばせる時など考えると手術した方がよかったかな?とも思います。

確かにマーキングは減ったように思います。

> 飼い主さんの考えはそれぞれですもんね!

そうですよね、飼い主さんが考えて選んだことですから・・・

> おパンツかわいいです!!!

かわいいでしょ、でも、この姿も
もう終わりです。

彰さん

>  オーちゃん、おつらかったでしょうに、記事にして色々お教え頂き、ありがとうございました。

いえ、とんでもないです、参考にしてもらえればと思って・・・

>  犬と人間は違うと言われるかもしれませんが、「乳癌」の文字を見て、自分の経験を思い出し、涙が溢れそうになりました。

ごめんなさいね、かえってツライこと思い出させちゃって・・・

>  お姉さん、偉いです。よく頑張ってます!

獣医さんのところに行く度に
いつも「2度も大病して、がんばってるね」と言われます。

> 「もっと早くこうしてあげればよかった」と思われたようですが、お姉さんにとっての一番の幸せは、オーちゃん一家と出会えたことだと思います。ふうちゃんやももたくんも含めて。ですから、あんまりご自分を責めないで下さいね。

ありがとうございます。
そう言われて、気が楽になりました。

>  余談なのですが、うちの時代小説で「ふぅ」という名前を使わせて頂きました。女忍者ですがw

どうぞ、どんどん、使ってください!

ふぅちゃん、そしてオーちゃん、お疲れさまでした!

この問題は我が家にとっても悩むところでして・・・
うちのジョンは心臓が弱いのか
よく泡ふいて引きつけ起こしてたので
心臓に負担がかかりそうで手術はしなかったんです
が、いろんな病気を未然に防ぐ為とあれば
やはり考えてしまいますよねぇ

この先すぐにどうするといった話し合いは
まだ家族でしてませんが
日頃の健康診断をして様子をみながら考えていきたいと思います!



ジョンねえさん

> ふぅちゃん、そしてオーちゃん、お疲れさまでした!

ありがとうございます。

> 心臓に負担がかかりそうで手術はしなかったんです

全身麻酔なんで、ちょっと怖いですよね。

> が、いろんな病気を未然に防ぐ為とあれば
> やはり考えてしまいますよねぇ

防げるのであれば、防いでやりたいですもんね。

> 日頃の健康診断をして様子をみながら考えていきたいと思います!

獣医さんともよく相談してくださいね。
非公開コメント

  

プロフィール

オーちゃん

Author:オーちゃん
今年2月にふぅが亡くなりました。
2キャバズになって寂しかったのですが、
新しい黒子さんのゴローがやってきて、
また賑やかになりました。

主にツイッターでつぶやいてます。
アカウントは@auto07です、
よかったらフォローしてください。

いくつになったの?

お友達

わんこパーツ

親戚さがし

りんく

里親



まだ間に合うから

ぷーちなび

マナーアップ

マイペット

ペットリンクス

わんにゃん公園

会員証

キャバリア同盟

わんにゃん公園

わんにゃん公園

わんにゃん公園

おススメのお店

poowan

Cocoro

Happy Sky

dear

mixmagic

wankagen

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。